スポンサードリンク

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

株の買い注文の出し方

  • 2008/11/16(日) 21:31:53

株の買い方としては、まず証券会社と契約を行い取引口座
を開設し、取引に必要な資金を口座に入金します。


そして次は株の買い注文を出していくわけですが、証券会社の
窓口や電話で注文する場合には、銘柄名と株数、そしてどんな
注文方法で(成り行き注文か、指値注文か)、いつまでに
(注文の有効期間)買うかを明確に告げます。


この成り行き注文というのは、買う銘柄だけを決めておき、
そのときどきの株価の動きの成行きに任せて売買することです。


成り行き注文の場合、人気のない銘柄の取引では、
とんでもない買い値になってしまう可能性がありますが、
通常であれば有名な銘柄に関しては適正価格で取引
されるでしょう。


また、成り行き注文の場合は通常すぐに約定します。


これに対して指値注文というのは、あらかじめ売買の値段を
決めてから注文を出すことをいい ます。


そのため、設定した買い値以下での売り注文がなければ、
いつまでもその株は買えず、約定までの時間がかかったり、
売買が成立しないような危険性もあるわけです。


このように成り行き注文と指値注文は、どちらにも一長一短が
あるので、その場に応じた判断で使い分けが必要ですが、
必ず売買を成立させたい場合や、株初心者の場合には
どちらかというと簡単な成り行き注文から始める方が良いでしょう。


売買が成立した場合、証券会社から有価証券売買報告書が
送られてきます。


また通常、株を買っても名義を書き換えるだけで、
株券が送られてくることはありません。


尚、売買代金が口座から決済されるのは、売買成立日を含めて
休日を除く4営業日目となっています。

証券会社で口座開設

  • 2008/11/08(土) 19:44:49

株の買い方としては、まず証券会社と契約を行う必要が
あります。


手順としては、はじめに証券会社に取引口座を開設する
わけですが、口座開設は証券会社の店頭でもできますし、
最近ではインターネットで口座開設の申し込みができるように
なっています。


忙しい人にとっては、インターネット上での申し込みは、
とても便利ですよね。


ネット上で口座開設を申し込んだ場合には、折り返し必要書類が
送付されますので、必要事項を記入し、本人確認書類として
健康保険証や運転免許証、パスポートなどのコピーを同封し
返送することになります。


およそ1週間くらいで確認のための書類が届きますので、
取引に必要な資金を口座に入金します。


これで、株の売買の準備が整ったことになり、株取引が
行えるようになったわけです。


その後は、講座を開設した証券会社の窓口、電話、
インターネットのいずれかの方法で株の売買注文が
できますが、窓口や電話での注文は証券会社の
営業時間内になってしまいます。


しかしインターネッ トでの取引なら、夜間や休日でも
注文が可能なので上手く利用すると便利です。


ただ、証券取引所で売買が行われるのは、証券取引所が
開いている時間になるので、祝日を除く月曜日から金曜の
AM9:00~PM3:00までとなっています。


また、AM11:00~PM12:30まではお昼休憩で、
AM9:00~AM11:00までを前場(ぜんば)、
PM12:00~PM3:00までを後場(ごば)と呼んでいます。

証券会社とは?

  • 2008/11/01(土) 00:04:34

株の買い方は、どこでどのような手続きを踏めば
よいのでしょうか?


株式投資をはじめるためには、まず証券会社と契約を行う
必要があります。


証券会社とは、簡単にいうと投資家が株式を買ったり売ったり
するときの窓口です。


証券会社の業務は、以下のように大きく4つの業務に分類されます。


 ・委託売買業務(ブローカー)

 ・自己売買業務(ディーラー)

 ・引受業務(アンダーライター)

 ・募集、売り出し業務


まず1つめの委託売買業務、いわゆるブローカー業務では、
株式を買いたい人や売りたい人の注文を受け、
それを証券取引所に伝えるという、投資家の売買注文を
仲介する仕事をしています。


これは証券会社の中心的な業務ですが、仲介したときに発生する
手数料が、証券会社の大きな収入源となっています。


次の自己売買業務、ディーラー業務では、一般投資家の仲介ではなく、
証券会社自身が投資家となって証券取引を行っています。


つまり、株の売り買いを仲介するだけでなく、証券会社自身のお金で
株式を売買することにより利益を得たり、証券会社自身が株取引に
参加することによって、売買が成立しやすくなるようにしているのです。


3つ目の引受業務、アンダーライターは、証券会社が
証券を売り出しの目的で取得することです。


4つめは募集や売り出しの業務で、公募増資で引き受けた
株や債券を、一般投資家に買ってもらえるように勧めたり、
買い付け申し込みを受けたりしています。

株式市場の種類と特徴

  • 2008/10/27(月) 15:28:43

株式市場とは、株式を売買する市場の総称ですが、
株式市場は大きく分けて2つあります。


1つは、証券取引法によって設立された「証券取引所」で、
会員の証券会社で構成する法人組織です。


証券取引所は、以下のように東京・大阪・名古屋・札幌・福岡の
5ヶ所になります。


 ・東京証券取引所 (第1部 ・第2部 ・ マザーズ )

 ・大阪証券取引所 (第1部 ・第2部 ・ ヘラクレス)

 ・名古屋証券取引所 (第1部 ・第2部 ・ セントレックス)

 ・札幌証券取引所 (本市場 ・ アンビシャス)

 ・福岡証券取引所 (本市場 ・ Q-Board )


もう1つは日本証券業協会が運営管理する店頭株式市場の
「ジャスダック市場」です。


 ・ジャスダック証券取引所(本市場 ・NEO)


東京証券取引所は東証、大阪証券取引所は大証、
名古屋証券取引所は名証などとも呼ばれますが、
この市場には第1部市場と第2部市場があります。


通常、まずは2部に上場します。
その後一定の基準を満たせば1部市場に上がれます。


その中でも東京証券取引所は、国内最大の規模を誇る
証券取引所です。


よく耳にする「東証1部」とは、東京証券取引所第1部のことで
東証の中でも上場審査基準が一番厳しい株式市場です。


東証1部上場企業になるということは、企業の信用度に
お墨付きをもらったようなもので高いステイタスを得ることになり、
そのメリットも大きいのです。


1部上場企業はそれだけ倒産する危険性も低いので、
株初心者にとっては比較的安全に投資できるでしょう。


これに対し、ベンチャー企業などの新興企業が多く上場
している新興市場があります。


マザーズ、ヘラクレス、セントレックス、アンビシャス、Q-board、
ジャスダックなどがそれで、上場審査基準は緩和されています。


これらの新興市場は値動きがとても大きく、
投機的な動きが出やすい市場です。

株式投資のリスク

  • 2008/10/26(日) 23:12:56

株式投資はメリットもありますが、リスクがあることも
知っておかなければなりません。


株式投資の大きなリスクとしては、投資対象の株価が上下に
動くということです。


株価が値上がるだろうと思っていた株が下落してしまった場合、
売らなければ損失は確定はしません。


株を売れば損するため、将来の株価の値上がりに期待し、
長期間保有し続けると、いわゆる「塩漬け」という状態に
なってしまいます。


「塩漬け」で株価の値上がりを期待しても、業績が回復する根拠が
あるわけではないので、全体的に株相場がよくなってくれれば
上がるかもしれないという相場まかせの所があります。


さらには「塩漬け」は、資金を寝かせてしまうことになるので、
投資効率は非常に悪くなるわけです。


資金的に余裕のある投資家でなければ難しい投資方法でしょう。


また、決定的な損失としては企業倒産や、上場廃止のリスクが
あります。


万一、投資した企業が倒産してしまった場合には、持っている株は
紙切れになってしまいます。


そのほかにも上場廃止というケースがあります。


上場企業が不祥事などを起したことによって上場廃止になる
ケースがありますが、有名なところでは、西武鉄道、カネボウ、
ライブドアなどが有価証券取引書の虚偽記載や粉飾決算などで、
東証から上場廃止になっています。


このように上場廃止が決定されると、それらの銘柄は、
各証券取引所の「整理ポスト」に移されることになります。


投資家にとっては実質最後の売り場になるわけですが、
その後約1カ月ほどで上場が廃止されることになります。


そうなると一般の個人投資家などは新たな株の買い手を
見つけることが難しくなってしまうわけです。


ただ、企業が倒産しなければ、配当を受ける権利や
株主議決権などはなくなりません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。