スポンサードリンク

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

株式市場の種類と特徴

  • 2008/10/27(月) 15:28:43

株式市場とは、株式を売買する市場の総称ですが、
株式市場は大きく分けて2つあります。


1つは、証券取引法によって設立された「証券取引所」で、
会員の証券会社で構成する法人組織です。


証券取引所は、以下のように東京・大阪・名古屋・札幌・福岡の
5ヶ所になります。


 ・東京証券取引所 (第1部 ・第2部 ・ マザーズ )

 ・大阪証券取引所 (第1部 ・第2部 ・ ヘラクレス)

 ・名古屋証券取引所 (第1部 ・第2部 ・ セントレックス)

 ・札幌証券取引所 (本市場 ・ アンビシャス)

 ・福岡証券取引所 (本市場 ・ Q-Board )


もう1つは日本証券業協会が運営管理する店頭株式市場の
「ジャスダック市場」です。


 ・ジャスダック証券取引所(本市場 ・NEO)


東京証券取引所は東証、大阪証券取引所は大証、
名古屋証券取引所は名証などとも呼ばれますが、
この市場には第1部市場と第2部市場があります。


通常、まずは2部に上場します。
その後一定の基準を満たせば1部市場に上がれます。


その中でも東京証券取引所は、国内最大の規模を誇る
証券取引所です。


よく耳にする「東証1部」とは、東京証券取引所第1部のことで
東証の中でも上場審査基準が一番厳しい株式市場です。


東証1部上場企業になるということは、企業の信用度に
お墨付きをもらったようなもので高いステイタスを得ることになり、
そのメリットも大きいのです。


1部上場企業はそれだけ倒産する危険性も低いので、
株初心者にとっては比較的安全に投資できるでしょう。


これに対し、ベンチャー企業などの新興企業が多く上場
している新興市場があります。


マザーズ、ヘラクレス、セントレックス、アンビシャス、Q-board、
ジャスダックなどがそれで、上場審査基準は緩和されています。


これらの新興市場は値動きがとても大きく、
投機的な動きが出やすい市場です。

スポンサーサイト

株式投資のリスク

  • 2008/10/26(日) 23:12:56

株式投資はメリットもありますが、リスクがあることも
知っておかなければなりません。


株式投資の大きなリスクとしては、投資対象の株価が上下に
動くということです。


株価が値上がるだろうと思っていた株が下落してしまった場合、
売らなければ損失は確定はしません。


株を売れば損するため、将来の株価の値上がりに期待し、
長期間保有し続けると、いわゆる「塩漬け」という状態に
なってしまいます。


「塩漬け」で株価の値上がりを期待しても、業績が回復する根拠が
あるわけではないので、全体的に株相場がよくなってくれれば
上がるかもしれないという相場まかせの所があります。


さらには「塩漬け」は、資金を寝かせてしまうことになるので、
投資効率は非常に悪くなるわけです。


資金的に余裕のある投資家でなければ難しい投資方法でしょう。


また、決定的な損失としては企業倒産や、上場廃止のリスクが
あります。


万一、投資した企業が倒産してしまった場合には、持っている株は
紙切れになってしまいます。


そのほかにも上場廃止というケースがあります。


上場企業が不祥事などを起したことによって上場廃止になる
ケースがありますが、有名なところでは、西武鉄道、カネボウ、
ライブドアなどが有価証券取引書の虚偽記載や粉飾決算などで、
東証から上場廃止になっています。


このように上場廃止が決定されると、それらの銘柄は、
各証券取引所の「整理ポスト」に移されることになります。


投資家にとっては実質最後の売り場になるわけですが、
その後約1カ月ほどで上場が廃止されることになります。


そうなると一般の個人投資家などは新たな株の買い手を
見つけることが難しくなってしまうわけです。


ただ、企業が倒産しなければ、配当を受ける権利や
株主議決権などはなくなりません。

株の売買ができる企業は?

  • 2008/10/25(土) 20:17:52

株を買うことができる企業は、基本的に株式市場に
上場している企業になります。


よく有名で大企業なら上場していると思いがちですが、
必ずしもそういうわけではなく、「あれ?この会社は上場していないんだ」
というケースも多々あります。


一例をあげると、サントリーや竹中工務店、JTB、JCBなどがそうです。


すべての株式会社は株を発行していますが、株式市場に
上場・公開していない株式のことを未公開株と言い、
基本的にこのような株を一般の投資家が購入することは
難しいのが現実です。


未公開株に多く見られるケースは、オーナー企業のような
ケースです。


また、将来的に上場を目指すベンチャー企業もあり、
未公開株専門に扱っている証券会社もあります。


ただ、未公開株の情報を集めるのは難しいので、
株初心者が手を出すのは危険でしょう。


基本的に株式投資は、株式市場に上場している株を
対象に行います。


その株式市場ですが、日本の株式市場は、
大きく分けて2つあります。


証券取引所は、以下のように東京・大阪・名古屋・福岡・札幌と、


 ・東京証券取引所 (1部 ・2部 ・ マザーズ )

 ・大阪証券取引所 (1部 ・2部 ・ ヘラクレス)

 ・名古屋証券取引所 (1部 ・2部 ・ セントレックス)

 ・札幌証券取引所 (本市場・ アンビシャス)

 ・福岡証券取引所  (本市場 ・ Q-Board )


ジャスダック市場があります。


 ・ジャスダック証券取引所(本市場 ・NEO)


株主優待制度とは?

  • 2008/10/24(金) 20:31:10

株の買い方としては、インカムゲインを狙う方法や、キャピタルゲイン
に的を絞る方法、またインカムゲインとキャピタルゲインの両方を
考慮に入れる方法がありますが、それ以外にも株主優待制度による
利益などもチェックをすると良いでしょう。


株主優待制度とは、企業が株主に自社商品やサービスなどを
提供する制度のことです。


株主優待の内容としては、その企業が扱っている映画や
演劇の招待券や、自社の路線の無料パス、レストランの食事券、
割引券、入場券、お米や図書券などと様々です。


この株主優待制度を取り入れている企業は、上場企業の約1/4程と
いわれていますが、目的としては、自社の商品やサービスなどの
知名度UP、株主数を増やすための個人株主の取り込み、
株価対策などがあげられます。


また、この制度は日本独特のもので、おまけ的要素の強いものです。


ですから企業の業績が悪化した場合などは、優待内容が変更されたり、
廃止される可能性があると考えておきましょう。


しかし、小額投資家にとってみれば投資金額に対してお得度が高いので、
魅力的な制度ともいえ、通常株の配当には税金がかかるのに対し、
株主優待には課税がないことも、個人投資家に人気がある秘密です。


特に個人投資家の方が、株の投資採算をみる時は、配当のほかにも
株主優待で得られる利益も金額換算した上で利益還元率を
してみるのが良いでしょう。

インカムゲインとは?

  • 2008/10/23(木) 23:17:54

株の買い方としては株価が安い時に買って、株価が値上がり
した時に売り、キャピタルゲインを得るというのが理想です。


たとえば、株価が1,000円の時に購入した株を、2,000円に値上がり
した時に売れば1,000円の儲けになるわけです。


株主が利益を得る方法はキャピタルゲイン以外にもあります。
それが「インカムゲイン」です。


インカムゲインとは、資産の値段が変動したことによる得る利益
キャピタルゲインとは対照的に、資産を保有することによって安定的、
継続的に受け取ることのできる現金収入のことです。


たとえば銀行預金や利付債券の受取利息、投資信託の収益分配金、
不動産投資であれば家賃収入がそれにあたります。


株式投資では、企業の経営者が上手に経営し多くの利益を出して
くれれば、株主は自分は自分が保有する株数に応じて利益が
配分されることになります。


この配当金のことをインカムゲインといいます。


キャピタルゲインの場合は、資産の価格が値下がりしてしまった時に
株を売却すると損失が出るわけで、そのことをキャピタルロスと
いいますが、これに対してインカムゲインというのは、安定的、
継続的に入ってくる収益のことなので、インカムゲインに対して
インカムロスというものはありません。


投資家のスタイルによっては、キャピタルゲインを狙った人もいれば、
インカムゲインを狙った投資スタイルの人もいます。


また、キャピタルゲインとインカムゲインの合計で利益を考える場合は
「トータルリターン」と呼ばれています。

キャピタルゲインとは?

  • 2008/10/22(水) 22:20:33

株の買い方の話をしていると、時々どこの株式会社の株も
買うことができるものと勘違いしている人がいます。


株初心者にとっては当然そう思うのかもしれませんが、
株式市場で株を取引できるのは、およそ4,000社程しかありません。


日本は株式会社が約100万社ほどですから、その中の
4,000社というのは、いわゆる一握りの企業ということになります。


この一握りの企業こそ、「上場企業」と呼ばれる厳しい上場基準を
満たした優良会社なのです。


株主はそんな優良会社の中から、さらに将来性のある企業を
見つけ出し、その企業の株を買い値上がり益や配当益などを
狙うわけです。


値上がり益とは、その企業の人気や評価が高まって、
株価が値上がりしたところで、株を売ることで得られる利益のことで
「キャピタル・ゲイン」とも呼ばれています。


このキャピタルゲインは、持っている資産の価格が上がることによって
得られる利益のことで、株式や債券などの有価証券をはじめ、
土地や建物、ゴルフ会員権などの資産で得た利益をさします。


つまり価格が変動するものを安く購入し、価格が高くなった時に
売って得られた値上がり益をキャピタルゲインというのです。


しかし、株価はいつも値上がるわけではありません。
残念ながら予想に反して資産が値下がりすることもあるわけです。


当然値下がりした資産を売れば損失が出るわけで、
そのことをキャピタルロスと言います。

株主のメリットとは?

  • 2008/10/21(火) 19:52:16

株の買い方を考える前に、しっかりと株とは何かを
知る必要があります。


株は企業が資金調達をするために発行する有価証券のことで、
会社が事業のためのお金を集めるための手段です。


企業にとっての株は、資金の返済や利子の返済が必要のない
資金なので、とても有効な資金調達法です。


それでは株式を購入する投資家の立場からみて株とは
何なのでしょうか。


企業の経営が順調で利益がたくさん出ていれば株価も
値上がりします。


そうなれば株価が安いときに買た株を、株価が高い時に売る
ことによって、その差額が利益になります。


また、株主もその利益の中から配当がもらえます。


つまり企業の利益の一部は、配当金として株主に還元されるので、
ここでも利益を得ることができるというわけです。


株で投資をした企業が業績を伸ばすと、株主にはこんなに
いいことがあるわけです。


他にも、株主優待制度というものを耳にしたことがあると思います。


内容は企業によってさまざまですが、決算期末に単位株を
保有している株主は、その企業の自社製品が無料でプレゼントされたり、
割引券や商品券などが提供されたりします。


また企業が資本を増やすために、1株を1.5株とか2株と
いったように株式分割すると、株主は無償増資、つまりタダで
株式をもらえる場合があり、1株当りの配当金が維持されれば
株数が増えた分だけ配当金も増えます。


その他には、株主総会において単位株を保有している株主は、
会社の重要な意志決定事項に賛否を表明したり、
過半数の株式を持っている場合には、
会社の経営権を握ることさえできるのです。

株とはそもそも何のこと?

  • 2008/10/20(月) 15:02:56

株式投資を始めてみたいけど、株初心者にとってはそもそも
株式ってなに? というのが本音のところでしょう。


また、株の買い方や、どうすれば株式投資で儲けられるのか?
といったことなど、まずは株式投資というものがどんなものなのかを
学んでいきましょう。


まず最初に知っておきたいのは、株とは何なのか?ということです。


簡単にいうと、株式会社が発行している株券のことを株といいます。


で、その株は何のために発行しているのかというと、企業が事業を
行っていくのには、たくさんの資金が必要になるわけですが、
その資金調達を内部だけ行うことは簡単なことではありません。


そのために、企業は株券を発行して投資家から資金を集めていく
というわけです。


当然企業側としては、できるだけ株を高く売りたいわけですが、
株式の値段は需給と供給のバランスによって決まってきます。


つまり、その企業の株を買いたい人が多ければ株の価格は上がり、
売りたい人がたくさんいれば株価は下がってしまうわけで、
株価が高いということは、その企業の将来性が期待されている
という証しになります。


もう一度まとめると、株というのは「会社がお金を集めるための手段」
と考えていいでしょう。


会社が資金を集めるには、銀行から借り入れをしたり、株を発行して
資金を集めます。


企業が資金調達をする方法には、銀行から借入をする方法もありますが、
この場合は当然利子を含めて返済をしなければなりませんが、
株券の発行の場合には、資金の返済や利子の返済なく資金が
調達できるというメリットがあるわけです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。