スポンサードリンク

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

株の売買注文の流れ

  • 2009/01/30(金) 21:21:45

証券会社に口座を開設し、概算金額を預入れが完了すれば、
売買注文が可能になります。



株の買い方・売り方では、売買注文を正確に伝えることが大切です。



買い注文の時には、買い注文であることをはじめ、購入したい銘柄名・
株数・市場、そして注文方法では、指し値注文なのか、成り行き注文
なのか、また、指し値注文なら価格や有効期限もしっかりと伝えましょう。



特にネット証券を利用している場合、ミスは全面的に自分自身にあります。



売買する株数に関しても、0を一つ打ち間違えただけで、大変なことに
なります。



この数字の打ち間違えというのは、起しやすいミスなので、十分注意し
チェックをするようにしましょう。



また、売り注文なのか、それとも買い注文なのかも、ミスを犯しやすい
箇所であり、間違えるととんでもないことになるわけですから、細心の
注意を払いましょう。



当然人間ですから、100%ミスをなくすというのは不可能なことです。



それだけに、あわてた取引などミスを犯しやすい状況を作らないことが
大切です。



取引成立後は、その日を含めた4営業日目に売買代金の決済が行わ
れます。



その後「取引報告書」が証券取引所から送られてきますので、銘柄名や
株数に間違いがないかどうかを確認しましょう。



もし、間違いがあるようなら、すぐに証券会社に連絡をして処理をしましょう。



また、ネット証券では、取引報告書を郵送か電子交付サービスにするかを
選べるので、取引が多い方などは電子交付サービスを利用した方が
便利でしょう。

スポンサーサイト

株の売買注文とその実行

  • 2009/01/13(火) 22:16:12

インターネットが普及したことによって、今はオンライン取引で24時間株の
売買注文を出すことが出来ます。



しかし、実際に株取引が成立するのは、証券取引所の立会いの時間だけです。



この立会い時間とは、証券会社から証券取引所に売買注文が集まり、
実際に株取引が行われている時間のことをいいます。



この立会時間は、前場と呼ばれる午前の立会いと、後場と呼ばれる午後の
立会いに分かれていて、前場は9:00~11:00、後場は12:30~15:00です。



また、取引は土・日と12/31~1/3を除く毎日行われますが、毎年
取引開始日の大発会(1/4、休日の場合は翌営業日)と、取引終了日の
大納会(12/30、休日の場合は直前の営業日)は、前場のみの立会い
になっています。



証券会社が投資家から受けた売買注文は、成り行き注文であれば、
立会い時間になれば、すぐに取引が成立するでしょう。



また、立会い開始時や、立会い終了時というように、時間を指定して
売買注文を出すことも可能です。



売買注文はインターネット取引なら、夜間でも出すことが出来ますが、
証券会社でも担当者がいれば、営業時間外でも売買注文を受付けて
もらうことはできます。



このように立会い時間外に受付けられた売買注文は、翌日の寄り付きと
呼ばれる立会い開始時に、一斉に実行されます。

株はいくらから買えるの?

  • 2008/12/18(木) 15:02:52

株の買い方では、まずいくらから株を買うことができるのかが
気になりますよね。



株は宝くじのように、連番20枚のバラ3枚というように、自分の
好きなように株数を決めて買うことはできません。



それぞれの銘柄ごとに売買単位が決められているので、基本的に
100株とか、1,000株といったように、ある一定のまとまりで売買
しなければならないのですが、この売買可能な最小単位を1単元
と呼びます。



つまり、かりに株価1,000円で、売買可能な最小単位の1単元が
100株の銘柄の場合には、最低でも100,000円の購入資金が必要
となるわけです。



しかし、株価が同じ1,000円の銘柄であったとしても、この売買可能な
最小単位の1単元が1000株の銘柄の場合には、1,000,000円の
購入資金が必要になるわけで、1単元が何株なのかによって、
株の購入金額は大きく差が出てくるわけです。



また以前は、上場企業の多くが「額面50円で1,00株」というように、
額面株式を採用し、1,000株が1単元となっていたため、株価の
高い銘柄には個人投資家がなかなか手が出せないという状況でした。



しかし、2001年の商法改正により、単位株制度という企業が定款で
1単元の株数を決めることができるようになったため、株式会社の株は
無額面株式になりました。



このことのより、今までより株の最低購入金額が下がった銘柄が増え、
株式投資に個人投資家が手を出しやすい環境になったのです。

口座開設「特定口座」の源泉徴収ありとなし

  • 2008/12/08(月) 20:51:45

証券会社で口座開設をする場合には、「一般口座」にするのか「特定口座」に
するのかを選ぶ必要があります。



「一般口座」の場合には、自分で株取引の売買損益を計算し、確定申告も
自分で行わなければなりませんが、雑所得の合計が年間20万円以下であれば、
その分の税金が免除できたり、「特定口座の源泉徴収あり」のように毎月税金を
引かれてしまうのと違い、確定申告時までのあいだはキャッシュ面で有利です。



「一般口座」に対して、「特定口座」には「源泉徴収あり」と「源泉徴収なし」の
2つのタイプがあります。



「源泉徴収あり」のタイプでは、取引をして売却益を得た場合には、そのつど税が
徴収されるので、年末度の確定申告が必要がないのが便利なところです。



ただし、会社員などの給与所得者は、給与以外の所得と株の譲渡益が年間20万円
以下の場合は税金を免除されるので、もし年間20万円以下の売却益の場合
「源泉徴収あり」のタイプですと、無駄な税金を払ってしまうことになります。



これに対して「源泉徴収なし」のタイプでは、売却益が年間20万円を超えた場合
にのみ年末度の確定申告が必要となる仕組みなので、無駄な税金を払わずに
すむのがメリットです。



また、「特定口座」の場合には、証券会社が代理で年間取引書を作成してくれるので、
特に初心者の場合には「特定口座」で開設した方が便利でしょう。



また、「源泉徴収のあり・なし」に関しては、確定申告の必要がないのが「源泉徴収あり」
で、税金面での有利な「源泉徴収なし」の方ですが、確定申告に必要な書類作成も、
証券会社が年間取引書を作成してくれていますので、意外に簡単に手続きすることが
出来ます。



総合的に考えると、確定申告のちょっとした手間を惜しまないのなら、「源泉徴収のなし」
の方がオススメです。

口座開設での「一般口座」とは

  • 2008/11/28(金) 21:41:43

証券会社で口座開設をする場合には、口座のタイプを選択する
必要があります。



口座は「一般口座」にするのか、「特定口座」にするのかを
選ぶのですが、「特定口座」には2つのタイプがあり、
「源泉徴収あり」と「源泉徴収なし」を選択することになります。



この「一般口座」と「特定口座」のどちらを選ぶかは、その目的に
よって違ってきますが、この2つの口座の違いを簡単に説明すると、
税金の支払い方の違いということになります。



「一般口座」と選んだ場合には、自分で株取引の売買損益を計算し、
確定申告も自分で行います。



そういうと、「一般口座」はメリットがないように聞こえますが、
自分で作業しなければならないことがある反面、雑所得の合計が
年間20万円以下であれば、その分の税金が免除できたり、
毎月税金として一定額を引かれてしまう「特定口座の源泉徴収あり」
の場合と違い、確定申告時までのあいだ投資資金への運用が
できるのでキャッシュ面で有利です。



つまり会社員などの給与所得者は、給与以外の所得と株の譲渡益が
年間20万円以下の場合は税金を免除されているので、あまり株の
取引がなく、年間の雑所得が20万円以下と予想される場合は、
「一般口座」を選んだ方が税金面で節税できるわけです。



これに対して「特別口座の源泉徴収あり」を選んだ場合には、
年間20万円以下の雑所得だとしても、確定申告をしてしまうと、
その分の税金を納めなければなりません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。